2010年11月25日

二重まぶた



二重まぶた、なぜ二重まぶたに皆あこがれるのか?

とりあえず、この疑問を解決するために、「二重 まぶた」について調べてみました。


高須クリニックのHPに行きました。

二重まぶたについて・・

生来、一重まぶたか二重まぶたかは遺伝によって決まります。世界的にみれば、白人、黒人には二重まぶたが多く、一重まぶたはモンゴルや中国、日本など、民 族の源流が北東アジア地域に限られます。白人系では額と鼻がT字形に頬からせり出しているため、眉毛に対して目が奥に引っ込んでいることからくぼみができ やすく、二重まぶたを形成すると考えられます。

まぶた本来の役割は眼球を保護し、潤いを与えることにあります。先端に生えているまつ毛もその役割の一部を担います。この役割を果たすために、まぶたは開 いたり閉じたりします。その動作は、まぶたの下部の淵に沿って入っている「瞼板(けんばん)」という軟骨のような硬い板がまぶたの上のほうから伸びている 筋肉とくっつき、その収縮によって瞼板を引っ張ることで行われています。筋肉が単純に一カ所で瞼筋と接合していると一重まぶた。枝分かれした筋肉が瞼板だ けでなく、皮膚とも接合していると、引っ張ったときに瞼板と皮膚の間にヒダができ、これが二重まぶたを形成します。

(高須クリニックのHPより引用)

ただ・・

その後の、二重まぶたの種類の項目を読んで、驚きました。

いろんな種類があって、一言では説明が出来ない感じです。

二重まぶたには大きく分けて3種類あります。ひとつは目頭から目じりにかけて幅の広いラインの「平行型」。2つ目は目じりにかけてラインの幅が広くなる「末広型」、そして3つ目が二重の幅が狭い「奥二重」です。

「平行型」は欧米人に多く、パッチリと大きくみえ、より華やかな印象をあたえます。世界的には、この平行型が多いといわれています。

「末広型」は控えめで、日本人に多く、すっきりとした印象を与えるといいます。目頭に蒙古ヒダがあると末広型になる場合が多いようです。

「奥二重」は、二重の部分がまぶたの奥に隠れている状態のことをいい、自分は一重だと思っている人のなかには、実は奥二重だということもあります。

(高須クリニックHPより)



ところで、一重まぶたとの違いですが・・

まぶたの機能上の基本動作は瞼板とそれを引き上げる筋肉によって行われるため、接合していれば機能を果たすことができます。

したがって接合部が一カ所である一重まぶたであっても、機能的にはなんら支障はありません。

しかし、まぶたにはもうひとつの機能があります。それが表情をつくるということ。

そうなる と、接合部が2カ所の二重まぶたのほうが、ずっと複雑に動くことができ、より多く「モノをいうこと」ができるということになりそうです。



そして、こうも書かれています。

・・・

瞼板を持ち上げている眼瞼挙筋が、瞼板と1カ所で接合していると一重まぶたに。眼瞼挙筋が枝分かれして、瞼板以外にもう1カ所、皮膚とも接合していると二重まぶたになります。

また、まぶたの下に脂肪の層があり、脂肪量が多いとふっくらとした一重まぶたになり、逆に脂肪が少ないと皮膚にたるみができて二重まぶたになります。
機能的には一重まぶたも二重まぶたも変わりはありません。

美的な志向は時代とともに変遷するので、これもどちらが優位とはいえません。

実際、日本民族で あっても、そのルーツである縄文人は二重まぶたですし、のちに渡来した弥生人は一重まぶた。

弥生人が先進文化を持ち込み、長い間日本を支配することになったため、源氏物語や浮世絵などに登場するのは、皆、一重まぶた。

それが美男美女のモデルとされてきました。

二重まぶたがもてはやされるようになったのは明治 時代以降、欧米志向が強まってからです。

そして現代にあっては、アイドル顔ともいわれる小顔に二重まぶたの大きな眼が美男美女のモデルになっています。



こうして、日本民族の歴史を振り返ると・・

二重まぶたが、もてはやされるのは、西洋かぶれの現象と言えるかもしれませんね。

最近では、彫りの深い、西洋顔をしたハーフなどの混血タレントが芸能界で活躍を見せています。

一般の若い女性たちが、二重瞼に憧れるのは、自然なことかもしれないな・・と感じてしまいました。
posted by ヤッチャン at 22:55| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。