2010年11月26日

二重まぶたにする方法


それでは、二重まぶたにする方法は、どのようなものが有るのか・・?


ズバリ、二重まぶたにする方法というタイトルのブログを見つけました。

トップページには、二重まぶたの現状・・つまり、二重がどのようなまぶたを言うのか・・とか、アジア人が、一重まぶたが多いことを書いてありました。

いろいろ調べて行くと、気づくことがあります。

それは・・ある特定の商品の宣伝サイトでした。

一番多い商品紹介が、アイブチと呼ばれる二重まぶた製造機・・

比較的簡単な理屈で、二重瞼を作り出すことができるようです。

ただ。使い方を誤ると、目や瞼に、重大な害を及ぼす危険性があるようです。

また、人それぞれ、肌の質が違いますので、この商品が、肌に合わない可能性もあり得るわけです。

何と言っても、人体に手を加えるわけですから、メリットとデメリットの両方があることを理解して欲しいと思います。

そして、自分に合わないと思ったら、被害が出ないうちに、さっさと断念する勇気も必要でしょう。

詳しい利用法は、また別の機会に書きたいと思います。



次は、整形手術による方法です。

もう、これは・・周知の方法ですよね。

何十年も前から、有名人が整形しているのではないか?などと噂が出たりしていますし・・。

アジアでは、整形は普通のことみたいな感覚らしいです。

まあ、一部の報道による知識でしかないので、真実は如何に?というレベルですが・・。

これも、人体に傷をつけることになるので、モラル的にどうなのか?という論議もおきているようです。



そして、プチ整形というものがあります。

整形と、あまり大差が無いのではないかとは思いますが・・

プチという言葉が、前につくので、簡単そうなイメージを抱きやすいと思います。

でも・・体に傷をつけることには変わりないと思いますので、しっかり熟慮の上で決めてもらいたいと思います。



あと、化粧品によって、二重まぶたにする方法もあるようです。

これは、専用の化粧品を使って、二重に見せるというものらしいです。

ですから、本当に二重になっているわけではないようです。

ただ、見せるだけのものですから、直接人体には、害が無いような気がします。



そして・・一番害が無さそうなのが、マッサージによる形成法です。

まぶたのマッサージをすることで、脂肪分を落として、二重を作り出すという方法らしいです。

唯一の欠点は、時間が掛かることみたい・・

でも、一番安全な方法です。

詳しい事は、またの機会に書きますが・・



ハイリスク、ハイリターンを目指すか、ローリスクで時間を掛けるか・・

選択をするのは、二重にしたい「あなた」ご自身です。
posted by ヤッチャン at 00:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。